トップページ 豆 知 識 プロフィール 写 真 集 紀 行 文 今月の1枚 写 真 展 ポー豆日記 ポー君劇場 フラメンコ リ ン ク 更新記録 サイトマップ

ポー君って知ってる?ポー君の豆日記みてね!  ★20〜39★

みんなで踊ろうよ

ワンコのポー君のポルトガル豆日記だよ

おひなさまとポー君

☆☆おひなさまとポー君☆☆

3月3日は、ひなまつりの日。
ひなあられを食べる日だよね。(*^m^*)ぷっ
ポー君は、おだいりさまになったよ。
えっ 上に乗っているだけだってか。
だれだい、クビをとったのは・・・
落語の『道具屋』という話があったね。
おひなさまのクビがとれてしまう場面があったよね。
クビは、どこにいったんだよ〜

2006/3

ミドリの公園とポー君

☆ミドリの公園とポー君☆

カスダス・ダ・ライーニャにある公園。
温泉と陶器で知られる町だよ。
ポルトガルに温泉があるなんて知らなかったよ。
レオノール王妃鉱泉病院と名前がつくくらいだから、
この王妃は、温泉大好きだったんだね。
温泉が、病気を治したのかな。
病院の周りには森のような公園があるのでいいよね。
ポー君も温泉に入りたかったなあ。
ちょっと無理かな。♪(≧m≦)ぷぷ

2006/3

ピー君とモコモコポー君

☆☆ピー君とモコモコポー君☆☆

寒いので、モコモコになっているポー君
ごろごろ転がってばっかりだよ。
スヌーピーのピー君と漫才コンビを作ってみたよ。
ポペットピペット〜 (*^m^*)ぷっ パクリ・・・ 
覚えたネタ三つのみ・・・
『パンツやぶれちゃった〜』
『マタかい〜 』
ダメだ〜こりゃ〜

2006/2

ディアナ神殿とポー君

☆ディアナ神殿とポー君☆

アレンテージョの古都エヴォラは、
ローマ・中世・現代が同居している町である。
ここには、2世紀に造られたというディアナ神殿があるよ。
コリント様式なんだって。コリントってどんな様式?
よく残っていたよねえ。
倒れそうで倒れないよね。
中世には、要塞として使われていたらしいよ。
エストレモス産の大理石が使われているんだって。
ローマ時代にタイムトリップだよ〜

2006/2

2006年ワンコとポー君

☆☆2006年ワンコとポー君☆☆

2006年は、イヌ年だ。
ポー君の年だ。ポー君は、クマじゃないぞ。
よく間違われるんだよ。プーさんじゃないぞ。
えっ プーさんのほうがかわいいってか。
そんな〜 (* ̄m ̄) ププッ
とにかく、今年もがんばるよ。応援してね。 

2006/1

オレンジの屋根とポー君

☆オレンジの屋根とポー君☆

ポルトガルの屋根は、オレンジが多い。
「これは、なぜなんですか?」ってよく聞かれる。
ポー君に聞かれてもねえ。
オレンジの屋根瓦が1番安いと聞いているよ。
だから、みんなオレンジの屋根なんだって。
お金持ちは、黒とか、緑とかの瓦を使うらしいよ。
このことは、ポルトガルに住んでいる人に聞いたから、
たぶん合っていると思うんだけどね。
高台の城壁の上から、町並みを見ることが多いから
色がそろっているときれいだよね。

2006/1

終了おつかれのポー君

☆☆終了おつかれのポー君☆☆

6日間の開催で、1700人のお客様が来てくれました。
市民ギャラリー栄は、今年で、5回目だけど、
今までで1番多かったです。
皆さん、ありがとうございます。とてもうれしいです。
ポー君のお友達も増えたしね。
また、来年もこの場所でしますから、来てくださいね。
ポー君に会いにきてね。お待ちしています。

2006/12

地球儀の上のポー君

☆地球儀の上のポー君☆

『愛しのポルトガル』山之内けい子写真展part11
ポー君は、いつも会場に来ているよ。
百円均一で買った、地球儀の上に乗っているよ。
すぐにすべって落ちるんだけどね。
たくさんの人が見に来てくれるとうれしいな。
ポー君は、ポルトガルに3回も行っているのですから。
ポルトガルでカメラと一緒に写っているよ。
ポルトガルのことなんでも聞いておくれ〜
なんにもわからないから・・・
だめじゃん。
いつもカバンに入って楽しているからだよ。

2006/12

ポッケの中のポー君

☆☆ポッケの中のポー君☆☆

これは、ディバックなんだよ。
エルヴァスのなんでも屋で、買ったんだよ。
なんと、2ユーロ(280円)だったよ。
「Big Brother」のロゴが入っていたよ。
人気のテレビ番組だったようだよ。
その番組が終わってしまったので、安く売っていたのかな。
もっと買ってこればよかったかな。
ダメダメ、荷物になるから。

2006/12

公園のゴジラだよ

☆公園のゴジラだよ☆

カルダス・ダ・ライーニャの町の中の公園。
ドン・カルロス1世公園っていうんだよ。
人の名前がついている公園って多いんだよね。
この町出身の画家のジョゼ・マリョア美術館もあるんだよ。
木々がうっそうと生い茂っていて、散歩にはぴったりなんだ。
桜と間違えたアーモンドの花の木もあったよ。
池には、白鳥やカモやオシドリまでもいたよ。
オシドリって日本でもあまりいないよね。
その公園にいたゴジラ君。
なんと鼻の穴が4つもあるよ。
ポー君は、鼻の上に乗ってみたよ。
小さくてわからないかな。

2006/12

空港とポー君

☆☆空港とポー君☆☆

名古屋からのヨーロッパ便はルフトハンザだ。
前には、KLMもあったけど、なくなってしまった。
ポルトガルまでの直通便はないんだよ。
フランクフルトで乗り換えるんだよ。
けっこう、待ち時間があるんだ。
店は、かわりばえしないし、見飽きてしまった。
いつもスーパーのポー君には、物が高すぎるんだ。
時間があるときは、寝るにかぎるよね。

2006/11

アルコバサの修道院

☆アルコバサの修道院☆

悲恋物語で有名なアルコバサの修道院だ。
ふたりの棺おけがこの修道院にあるという。
よくある悲恋物語だと思うのだけどね。
まあ、ポー君には関係ないけど・・・
なんせ、ゴミ箱の上にのっているんだからね。
修道院の前の公園も気持ちよかったよ。
ハトポッポもたくさんいたしね。
ポー君は、ハトポッポにつつかれてしまったよ。
ここは、修道院がよく見えるんだよ。
ずっと奥まで続いていて、大きかったなあ。
ポー君は、恋の天使になれるかなあ。
だれだい。無理だっていっているのは・・・

2006/11

ちょこんとポー君

☆☆ちょこんとポー君☆☆

ポー君は、どこにでも乗る。いや、乗せられているよ。
乗る場所がないとポー君の写真が撮れないから。
なんと単純な理由なんだろ。
どこの町にいってもポー君は、かかせないよ。
専用のアルバムがいっぱいできるほどだよ。
でも、バックがボケていて、どこだかわからなかったりする。
いいんだ、ポー君の豆日記なんだもんね。

2006/10

勝利の修道院の赤いベンチ

☆勝利の修道院の赤いベンチ☆

バターリャの町は、修道院のみといってもいい。
こんなこと書いたら、怒られるかな。
町の真ん中にド〜ンと建っている。
そびえ立つといったほうがいいのだろうか。
ビックリ〜で、アゼン〜という感じだよね。
なんにもないような町に建てるところがすごいよ。
ポー君は、いつも公園の赤いベンチが好きだ。
ここに乗っかって、巨大な修道院を見ていた。
警備の兵隊さんが、歩いていたよ。
ニコリともしないで、ずっと立っていたりするよ。
何を考えているのだろう。

2006/10

ハトとポー君

☆☆ハトとポー君☆☆

公園のベンチで一休み。
おやつに日本から持っていった胡麻せんべいを食べる。
これが硬くておいしいんだ。
ハトがいっぱい飛んでいる。
パラパラと少し蒔くと寄ってきたよ。
ポー君を餌と間違えてつっつかないでよ。
醤油味の胡麻せんべいなんて初めて食べただろうな。

2006/9

アズレージョのお庭

☆アズレージョのお庭☆

大学の町コインブラにあるアズレージョの館に行ったよ。
町の真ん中の丘の上にある大学に行くのは、たいへんだ。
かなり急な坂道ばかりだからだ。
その大学から、違う道を降りていってみた。
水道橋に沿って歩いていくときれいな建物発見。
ガイドブックにも載っていない建物だ。
お庭を覗くと彫刻とアズレージョのブルーがきれいだ。
5時前で、もうすぐ閉館で建物の中には入れなかったが、
お庭だけを見せてもらったよ。
ここは、裏庭の入り口だよ。
アジレージョとは、装飾タイル画のことだよ。

2006/9

黄色の花とポー君

☆☆黄色の花とポー君☆☆

黄色い花が咲いていたよ。
冬でも、どこかしら花が咲いている。
草原にも黄色い花がいっぱいだったよ。
なぜか、黄色い花が多いような気がするよ。
花の上に乗ろうと思ったのに、落ちてしまったよ。
重すぎかな。食べすぎだ。

2006/8

神様の声が聞こえるかな

☆神様の声が聞こえるかな☆

教会は、どんな小さなの町にもある。
それもいくつもある。
キリスト教だから当然といえば当然なんだけどね。
町の風景に溶け込んでいるようだ。
もちろん、生活にも欠かせないものだよ。
日曜日のミサには、いっぱいの人達が集まるよ。
信者じゃないけど、なんか空気が違う気がする。
ポー君もお祈りをするよ。
たくさんの人との出会いがありますように・・・
こんなときばっかりの神頼みだけどね。
ポー君の旅も神様が見守ってくれているんだな。

2006/8

坂道とポー君

☆☆坂道とポー君☆☆

いつも思うけど、ポルトガルってほんとに坂道が多い。
どの町にいっても坂道がつきもの。
階段もいっぱいあって、ほんとに疲れるよ。
同じ歩くのでも坂道はたいへんだよ。
だから車がないかというとそうでもない。
狭い路地でも坂道でも駐車してあるよ。
坂の上に出会いがあるかと思うとがんばれるんだ。  

2006/7

セトゥーバルの漁港

☆セトゥーバルの漁港☆

リスボンから、対岸に渡ってバスで1時間ほど。
サド川河口に開けたセトゥーバルは、第4の工業都市だ。
でも、どこを見ても工業都市という感じがしない。
工場はどこにあるのかな。
港は、カラフルな船がいっぱいあったよ。
小さい船ばかりで、いかにも手作りという感じ。
港に面したレストランでは、朝、とりたての魚が
店先のケースにいっぱい、並べてある。
おいしそうだけど、魚によって値段が違う。
1番安いイワシしか食べれなかったよ。
でも、炭焼きイワシはおいしかったよ。

2006/7

★☆「ポルトガル&?の旅」ポー君の豆日記 ★☆ 〜もっと見たいよね〜 ★☆

 ポー君の豆日記
1〜19
 ポー君の豆日記
20〜39
 ポー君の豆日記
40〜59
 ポー君の豆日記
60〜79
 ポー君の豆日記
80〜99
 ポー君の豆日記
100〜119
 ポー君の豆日記
120〜139
 ポー君の豆日記
140〜159
 ポー君の豆日記
160〜179
 ポー君の豆日記
180〜199
 ポー君の豆日記
200〜219
 ポー君の豆日記
220〜239
 ポー君の豆日記
240〜259
 ポー君の豆日記
260〜279
 ポー君の豆日記
280〜299
 ポー君の豆日記
300〜319
 ポー君の豆日記
320〜339
 ポー君の豆日記
340〜最新

みんなで踊ろうよ

☆「ちたろまん」ポー君の旅日記 ☆

霧の町・モンサラーシュ 石の村・モンサント コウノトリの町・ファーロ 要塞都市・エルヴァス 城壁の古都・エヴォラ

トップページ 豆 知 識 プロフィール 写 真 集 紀 行 文 今月の1枚 写 真 展 ポー豆日記 ポー君劇場 フラメンコ リ ン ク 更新記録 サイトマップ
Copyright (C) Amar Portugal.com. All Rights Reserved.