トップページ 豆 知 識 プロフィール 写 真 集 紀 行 文 今月の1枚 写 真 展 ポー豆日記 ポー君劇場 フラメンコ リ ン ク 更新記録 サイトマップ

ポー君って知ってる?ポー君の豆日記みてね!  ★80〜99★

みんなで踊ろうよ

ワンコのポー君のポルトガル豆日記だよ

コオリとポー君

☆☆コオリとポー君☆☆

ベランダのバケツにコオリができていたよ。
丸い大きなコオリだよ。
バケツから、すっぽりと抜けたよ。
春かと思ったけど、朝は、寒いね。
暖かくなったら、どこに行こうかな。

2008/3

ポルトのカテドラルとポー君

☆ポルトのカテドラルとポー君☆

ポルトの町を見渡す丘の上に建つカテドラル。
もとは、要塞として12世紀に建てられた。
その後、17世紀から18世紀にかけてかなり改修がされている。
北面のバロック様式の外廊は、1736年に付け加えられた。
内部には、17世紀に造られた銀細工の祭壇がある。
18世紀のアズレージョが回廊の内側に張られている。
カテドラルの前には、ペロニーニョが建っているよ。
ペロニーニョってなんだか知っているかな。
昔は、罪人を見せしめのためにつるしたんだって。
ギャ〜 怖いねえ。
このへんには、ユウレイがいっぱいいるのかなあ。
ポー君の後ろにも・・・!!

2008/3

ゆきとポー君

☆☆ゆきとポー君☆☆

名古屋に雪がふったよ。
今年、はじめても雪だよ。
もうこれで、最後かもしれないけど。
菜の花にも雪がいっぱいだよ。
春が来たかと思ったら、また冬だね。
ポー君の洋服、あったかそうでしょ。

2008/2

ワイン船ラベーロとポー君

☆ワイン船ラベーロとポー君☆

ポルトガル第二都市のポルト。
ドウロ川の北側の丘に築かれた町である。
ポートワインの発祥の地でもある。
ドウロ川沿いには、ワイナリーが並んでいる。
帆船のラベーロはワインを運んだ船だ。
ドウロ川上流のブドウ畑から運んだよ。
今は、使われていないけどね。
観光用に、置いてあるんだろうな。
ここの公園は、暖かくて気持ちいいよ。
ひなたぼっこ、ポカポカするね。
ポー君のおシリもあったかいよ。

2008/2

ねずみ君とポー君

☆☆ねずみ君とポー君☆☆

2008年は、ねずみ年だよ。
ねずみ君は、ポー君より小さくてかわいいねえ。
天気もいいから、外に出て見たよ。
青空が気持ちいいね。
今年もいいこといっぱいあるかな。
たくさんの人とお友だちになりたいなあ。

2008/1

グレゴリス教会とポー君

☆グレゴリス教会とポー君☆

ポルトの町を一望できるグレゴリス教会。
76mあるグレゴリスの塔はポルトガルいちの高さで、
18世紀に建てられたバロック様式の教会である。
改装工事中なのか、赤いテントの幕がかかっていた。
それも全体がCMだった。ビックリ〜
中世と現代が合体する広告だ。
ブルーのシートじゃ景観がだいなしだものね。
教会の絵にしないところが財政難なのかな。
塔の上まで登ったことが2回あるよ。
狭い階段はすれちがうのもやっとなんだよ。
塔の頂上は、風が強くて飛ばされそうだったよ。
ポー君は、どこまで飛んでいけるかなあ。

2008/1

ありがとうとポー君

☆☆ありがとうとポー君☆☆

6日間の間に1620人のお客さんが来てくれたよ。
たくさんのお客さんは、うれしいよね。
みんな、喜んでくれたかなあ。
また、来年も12月に開催するよ。
みなさんの元気な顔を見たいなあ。
サンタのポー君が、待っているからね。

2007/12

愛しのポルトガル写真展とポー君

☆愛しのポルトガル写真展とポー君☆

愛しのポルトガル写真展part14が始まったよ。
7年前から始めて、14回目の写真展だよ。
よく続いたよね。びっくり〜
この名古屋市民ギャラリーだけでも7回目だよ。
市民ギャラリーの12月の風物詩だといわれているよ。
毎年、来てくれる人もたくさんいるよ。
おなじみさんの顔を見るとうれしいよね。
新しいファンもたくさんできたよ。
ワンコのポー君とピー君のお友達もできたよ。
カエルのカーミット君とワンコのメリちゃんだよ。
いつも仲良しだよ。
ポー君、つぶれるよ〜 ♪(≧m≦)ぷぷ

2007/12

大きなサンタとポー君

☆☆大きなサンタとポー君☆☆

名古屋のテレビ塔の近くにオアシス21があるよ。
大きなサンタさんがいたんだよ。
動くサンタさんだよ。
手の上に乗ったけど、見えるかな。
ポー君のプレゼント忘れないでね。
楽しみだなあ。ワクワク・・・

2007/12

クリスマスツリーとポー君

☆クリスマスツリーとポー君☆

マデイラ島は、リスボンの南西1000kmにある。
ローマ時代から、存在はわかっていたが、
1419年、エンリケ王子の命をうけて、再発見された。
コロンブスが、航海論を学んだ島である。
中心の町、フンシャルは、山の斜面に広がっている。
11月初め、クリスマスのためのツリーを立てていた。
市庁舎前の公園には、赤と青のツリーができていたよ。
リボンもついていて、おしゃれだね。
点灯を見れなかったのが残念だよ。
きっとキラキラ輝いて空の星のようだろうな。
ポー君もキラキラ輝いて飛び回るよ。
クリスマスプレゼントは、天使の羽がいいなあ。
そんなのないってか・・・そんなの関係ない♪(≧m≦)ぷぷ

2007/12

エンゼルトランペットとポー君

☆☆エンゼルトランペットとポー君☆☆

大きな花を見つけたよ。
エンゼルトランペットという名前なんだって。
トランペットに似ているから付いた名前なのかなあ。
いっぱい、いっぱい、咲いていたよ。
ポー君、中に入りそうだねえ。
黄色の帽子だよ〜

2007/11

大砲とポー君

☆大砲とポー君☆

リスボンの下町アルファマ地区にあるサン・ジョルジェ城。
数々の民族に支配された歴史を持つリスボンを象徴する城だ。
時代の変遷とともに城主を代え、政治の中心的役割を果たした。
現在は、市内随一の眺めを誇る城址公園となっている。
その城跡には、大砲が、いくつも置いてあったよ。
高台にある城なので、見晴らしがいいんだよ。
敵がせめてくるのを攻撃したのかなあ。
リスボンの町が遠くまでよく見えるんだよ。
ポー君が大砲の弾になったら、空高く飛べるかなあ。
ポー君大砲がいっぱいいっぱい飛んでいったら、どうなるかな。
あれはなんだ〜! ポー君マンだ〜! みんな笑うかなあ。
びゅ〜んと飛んで戦争はなくなるよね。
だって、平和の使者のポー君だものね。

2007/11

イガグリとポー君

☆☆イガグリとポー君☆☆

秋といえば、クリだね。
クリを探しに、近所の畑に行ったよ。
ここにクリの木があることおぼえていたんだ。
青いイガグリを見つけたよ。
イガイガが痛いんだよな。
早くクリが食べたいなあ・・・
ポルトガルの焼きグリ、おいしかったよ。

2007/10

ベレンの塔とポー君

☆ベレンの塔とポー君☆

リスボンのベレン地区に「ベレンの塔」がある。
「発見のモニュメント」から、10分ほど歩くとつくよ。
テージョ川に浮かぶ貴婦人と言われている。
16世紀初め、マヌエル1世の命により船の出入りを
監視する要塞として建てられたんだって。
マヌエル様式の優雅なテラスを持っている。
司馬遼太郎氏は「テージョ川の公女」と呼んだんだ。
貴婦人がドレスの裾を広げている姿にたとえたというよ。
6階は王族の居室、5階は食堂、4階は国王の間、
3階は兵器庫、2階は砲台、1階は・・・
なんと、1階は、潮の干満を利用した水牢だった。
怖いねえ・・・
ポー君は、水に浮くから平気だい!!
ほんとかなあ・・・

2007/10

招きネコとポー君

☆☆招きネコとポー君☆☆

瀬戸物祭りには、ネコ専門の作家がたくさんいるよ。
招き猫も流行っているみたいだね。
昔ながらのネコもかわいいけど、作家物のネコもいいよ。
まんまるニャンコもいいよね。
ポー君とピー君は、招きワンコかな。
なにを招くのかな。
写真展に来てくれる、たくさんの人かな。

2007/9

世界地図とポー君

☆世界地図とポー君☆

リスボンのベレン地区にある「発見のモミュメント」の広場の前。
大理石のモザイクで世界地図と各地の発見年号が記されてる。
日本が発見されたのは、1541年になっているよ。
これは、ポルトガル船が豊後に漂着した年なんだ。
種子島漂着は1543年なんだって。
発見のモミュメントに登ると全体の世界地図がみえる。
もちろん、ここでは、ポルトガルが真ん中だよ。
遠いポルトガルから、端っこの日本まできたんだね。
ポー君は、日本地図の真ん中にいるよ。
名古屋はこのへんかなあ。

2007/9

伊吹山とポー君

☆☆伊吹山とポー君☆☆

今年も伊吹山に行ってきたよ。お花がいっぱいなんだよ。
家から、片道2時間かかるんだよ。遠いんだよ。
高速は、ケチって、乗らないんだよ。
ずっと寝ているから、長くても大丈夫だ〜い。
その分、おいしいもの食べるんだ〜い。ソフト食べたいな。
「クマ出没」は、ポー君のことじゃないよ。
ポー君は、ワンコなんだからね。

2007/8

発見のモニュメントとポー君

☆発見のモミュメントとポー君☆

リスボンのベレン地区にある「発見のモミュメント」である。
1960年にエンリケ王子の50回忌を記念して造られたんだ。
高さ52m、帆船をモチーフとしている。
先頭に立つのは、エンリケ王子でなんだって。
そのあとに天文学者、宣教師、地理学者など活躍した人が続く。
大航海時代に貢献した人の像が並んでいるんだよ。
歴史に出てきた、知っている人いるのかな。
ポー君もそのうち、像になるのかな。
なにか活躍したっけかな・・・
これから、大活躍するんだよ〜

2007/8

鯛祭りとポー君

☆☆鯛祭りとポー君☆☆

知多半島の先に近い豊浜で鯛祭りがあったよ。
大きな鯛の山車を担いで、町を練り歩くんだよ。
海にも入るんだよ。すごいな。
4匹のうち2匹の赤い鯛が一晩で黒く塗られるんだよ。
なんで、黒く塗るのかな・・・?
ポー君、小さい子供の鯛の口の中に入ったよ。
子供でもこんなに大きいんだよ。

2007/8

オベリスクとポー君

☆オベリスクとポー君☆

レスタウラドーレス広場中央には勝利と独立の精神を表す、
高さ30mのオベリスクが建っている。
リスボンのリベルダーデ通り南端にあるこの広場は、
ポルトガル再独立を勝ち取った記念に造られた。
16世紀から、スペインに支配されてきたんだ。
民族の自立を願う愛国者たちが1640年に独立させた。
レスタウラドーレスとは、「復興者たち」という意味なんだ。
フムフムなるほど、そういう意味があったんだね。
公園には、王様とか男爵の像が多く建っているよ。
オベリスクという名前もはじめて知ったよ。
テッペンに登ってみたいな・・・

2007/8

みんなで踊ろうよ

★☆「ポルトガル&?の旅」ポー君の豆日記 ★☆ 〜もっと見たいよね〜 ★☆

 ポー君の豆日記
1〜19
 ポー君の豆日記
20〜39
 ポー君の豆日記
40〜59
 ポー君の豆日記
60〜79
 ポー君の豆日記
80〜99
 ポー君の豆日記
100〜119
 ポー君の豆日記
120〜139
 ポー君の豆日記
140〜159
 ポー君の豆日記
160〜179
 ポー君の豆日記
180〜199
 ポー君の豆日記
200〜219
 ポー君の豆日記
220〜239
 ポー君の豆日記
240〜259
 ポー君の豆日記
260〜279
 ポー君の豆日記
280〜299
 ポー君の豆日記
300〜319
 ポー君の豆日記
320〜339
 ポー君の豆日記
340〜最新

みんなで踊ろうよ

☆「ちたろまん」ポー君の旅日記 ☆

霧の町・モンサラーシュ 石の村・モンサント コウノトリの町・ファーロ 要塞都市・エルヴァス 城壁の古都・エヴォラ

トップページ 豆 知 識 プロフィール 写 真 集 紀 行 文 今月の1枚 写 真 展 ポー豆日記 ポー君劇場 フラメンコ リ ン ク 更新記録 サイトマップ
Copyright (C) Amar Portugal.com. All Rights Reserved.